エイジングケア

20代のエイジングケアにおすすめの基礎化粧品5選

投稿日:

0代のエイジングケアにおすすめの基礎化粧品

20代のエイジングケアにおすすめなのは、どんな基礎化粧品なのでしょうか。
20代前半と後半に分けて、それぞれの年齢層に合ったアイテムをあわせて5つ厳選しました。

さらに、

  • エイジングケアを20代からはじめた方がいい理由
  • 20代のエイジングケアは肌を甘やかすことにはならないのか
  • 20代のエイジングケアの正しいお手入れ方法

についても解説しています。

エイジングケアをはじめるタイミングや基礎知識について知りたい時の参考にしてください。

エイジングケアで20代前半におすすめの基礎化粧品とは?

エイジングケアで20代前半におすすめの基礎化粧品とは?

まずは、20代前半におすすめの基礎化粧品について解説していきます。

20代前半の間に気にするべきポイントをチェックし、加齢による肌の悩みを予防しましょう。

選び方のポイントは?

20代前半は、シワや肌のたるみよりも毛穴の黒ずみやニキビの方が気になる人が多い年齢層です。

20代前半は肌の回復力も高いため、間違ったケアをしていても肌が自力で回復してくれます。

しかし、20歳前後までは28日周期が正常な数値である肌の代謝(ターンオーバー)の周期は、年齢とともに遅くなっていきます。

20代前半の間にも、少しずつ肌の回復力は低下しているのです。

肌の力に頼ったまま年齢を重ねていくと、ターンオーバーの周期が遅くなったときに突然シワやたるみなどが出現し、肌の悩みが増えてしまう可能性があります。

20代前半のうちにエイジングケアをすることには、早い段階で肌の老化を予防できるメリットがあるのです。

一方で、肌のターンオーバーの周期は早すぎても良くありません。

ターンオーバーの周期が早すぎると、角質層が薄くなり、敏感肌や乾燥肌になる傾向があります。

20代前半ではターンオーバーの周期を回復させることは目的としなくて良いのです。

そのため、20代前半のエイジングケアの基礎化粧品の選び方のポイントは、肌に負担が少なくて、正しいケアができるものです。

エイジングケア商品の中にはターンオーバーを促進させる高値のものもありますが、20代前半の間はそこまでお金をかける必要はありません。

今、毛穴の黒ずみやニキビなどの悩みがある人は、現在の悩みも解消しながら肌を健やかに保てる化粧品を意識して選ぶことがオススメです。

20代前半におすすめのエイジングケア基礎化粧品

20代前半におすすめのエイジングケア基礎化粧品は、幅広い肌質の人から高評価でコスパが高いアイテムをピックアップしました。

部門 商品名 価格 特徴
クレンジング メディプラス
クレンジングゲル
メディプラスクレンジングゲル
160g・3888円
(税込)
毛穴の黒ずみに悩む人にオススメの天然植物由来のオイルフリークレンジングゲル。
公式サイトでは返金保証が使えて、ひと月あたり約1,400円のコスパで買えるのも魅力。
化粧水 ファンケル
モイストリファイン化粧液 Ⅱ
しっとり
ファンケル モイストリファイン化粧液 Ⅱ しっとり
30ml・1,400円
(税抜)
無添加で幅広い肌質に合いやすい高保湿化粧水。
インナードライの回復にも効果的。
乳液 ミノン
アミノモイストモイストチャージ
ミルク
ミノン アミノモイストモイストチャージ ミルク
100g・2,000円
(税抜)
濃厚なテクスチャーで少量でも伸びが良く、コスパが高い。
アトピーやアレルギーを持った人からも評価が高く、幅広い肌質にオススメ。

エイジングケアで20代後半におすすめの基礎化粧品とは?

エイジングケアで20代後半におすすめの基礎化粧品とは?

20代後半に入ると、基礎化粧品の選び方のポイントが少し変化します。

年齢に合ったエイジングケアをはじめましょう。

選び方のポイントは?

20代後半に入ると、今まで気にしたことのなかった肌の乾燥を感じることが増えてきます。

まさに、お肌の曲がり角を感じる人も多いのではないでしょうか。

肌の乾燥を感じることが多いままケアを見直さずにいると、シワや肌のたるみができやすくなる原因にもなるため、エイジングケアをはじめるうえで重要なサインなのです。

そんな20代後半の基礎化粧品を選ぶポイントは、保湿力があるものを選ぶことです。

化粧品単体で保湿力が高いものももちろん良いですが、たっぷり使い続けることができる価格であることも重要でしょう。

また、年齢による肌の悩みが気になり出してからは、美容液を取り入れることもオススメです。

20代後半は、基礎化粧品にかける金額も無理のない範囲で見直すと良いタイミングでもあります。

20代後半におすすめのエイジングケア基礎化粧品

20代後半におすすめのエイジングケア基礎化粧品は、20代前半よりも予算を上げて、成分にこだわったアイテムをピックアップしました。

部門 商品名 価格 特徴
クレンジング メディプラス
クレンジングゲル
メディプラスクレンジングゲル
160g・3888円
(税込)
美容成分が配合されているのでクレンジングの段階で保湿力を高めることができる。
マツエクにも対応。
20代前半・後半ともにオススメ。
化粧水 ドモホルンリンクル
保湿液
ドモホルンリンクル 保湿液
120ml・5,400円
(税込)
独自ブレンドのヒアルロン酸配合で、化粧水だけでも高い保湿力を実感できる。
乾燥が気になる人、成分にこだわりたい人にオススメ。
美容液 資生堂
アルティミューン
パワライジングコンセントレート
資生堂 アルティミューン パワライジングコンセントレート
50ml・12,960円
(税込)
乾燥や紫外線による肌のダメージをケアする美容液。
毛穴の開きが気にならなくなったという口コミも多い。
年齢肌が気になり始めた20代後半にオススメ。

エイジングケアを20代からはじめた方がいい理由は?早い対策で差がつく?

エイジングケアを20代からはじめた方がいい理由は?早い対策で差がつく?

20代からエイジングケアをはじめた方がいいのはなぜなのでしょうか。

20代の肌の特徴や、エイジングケアをはじめるタイミングについて解説します。

20代で肌の老化ははじまっている?

20代に入ると肌の代謝(ターンオーバー)の周期が年齢を重ねるにつれて遅くなります。

そのスピードには個人差がありますが、目に見えない肌の衰えは少しずつ進行しているのです。

しかし、加齢による肌の変化はある程度進行してから実感することが多く、20代の間は夜更かしが続いたり、メイクを落とし忘れてしまっても、肌のストレスを感じない人もいます。

まだまだ肌にもハリがある20代のうちから、肌の老化が少しずつ進んでいることを理解することが、エイジングケアの重要なポイントです。

10代から20代の肌の違いは?

10代の肌は成長過程の段階で、平均28日周期でターンオーバーが行われています。

そのため、紫外線によるメラニンも排出しやすいのです。

代謝が良く、ハリのある肌が特徴ですが、ホルモンバランスの影響でニキビやテカりといった悩みが多い傾向にあります。

20代に入ると、紫外線に対抗する代謝が少しずつ低下するので、10代の頃よりも念入りな紫外線ケアが必要になります。

また、ホルモンバランスによる肌トラブルが減少する一方で、肌の乾燥やシミなどの悩みが出てくる傾向があります。

お肌の曲がり角といわれる20代後半よりも、実は早い段階で肌は変化しているのです。

20代で肌を甘やかすのは大丈夫なの?

エイジングケア商品にもさまざまなタイプがありますが、20代の間は肌の老化を過度に進行させることがないように、正しいケアを行うことが重要です。

そのため、20代のうちからエイジングケアについて考えることはとても良いことですが、肌のターンオーバーを早めることを目的としたエイジングケア商品を使うのは肌を甘やかすことにつながるともいえます。

なぜなら、肌のターンオーバーは早すぎても敏感肌になる原因になってしまうからです。

20代の肌に合ったエイジングケアをすることが、とても大切です。

エイジングケアのタイミングは気が付いた時がベスト?

エイジングケアを考えるのは早いほど良いですが、肌の変化に気が付いた時にはすぐにエイジングケアをはじめるべきです。

特に、20代後半になると肌の乾燥が気になるようになる傾向があります。

そうなったときに乾燥した状態のまま肌を放置すると、一気に肌の衰えが進んでしまうことにもつながります。

「肌の変化が気になった時が肌のSOS」だと考えて、エイジングケアをはじめましょう。

20代のエイジングケアの正しいお手入れ方法は?

20代のエイジングケアの正しいお手入れ方法

最後に、20代のエイジングケアの正しいお手入れ方法のポイントをチェックしていきましょう。

エイジングケアは年齢に応じたお手入れが大切

エイジングケアで大切なのは、今の肌に合ったお手入れをすることです。

10代の頃と変わらずケアを続けていても乾燥が気になるタイミングは訪れます。

また、40代〜50代向けのエイジングケア商品を20代から使っても、ターンオーバーが早すぎて角質層が薄くなるなどのトラブルにつながる場合もあります。

肌質にも、肌年齢にも個人差があるので、自分の肌を知った上で年齢に応じたケアをすることが大切なポイントです。

エイジングケア化粧品の使い方は?

エイジングケア化粧品は保湿力が高いものや自然由来のものも多いですが、もったいないからといって化粧水や美容液を少量しか使わないのはあまりおすすめできません。

いくら良い商品でも、保湿量が足りない場合には結局乾燥肌の原因になってしまいます。

肌には妥協せずたっぷりと化粧水や美容液を使うことが、エイジングケア化粧品の正しい使い方です。

エイジングケア美容液を取り入れるのはどの段階がいい?

エイジングケアにおすすめの美容液を取り入れると、毛穴が気にならなくなったり、肌がもっちりしたり、比較的早く変化を感じられるのが嬉しいです。

エイジングケア美容液を取り入れる段階は、化粧水と乳液の間がおすすめです。

それぞれの商品でおすすめされている段階は違うので、購入前にチェックしてみてください。

エイジングケアの基礎はクレンジング?

20代のエイジングケアは肌の老化を過度に進行させないための正しいケアが重要なポイントですが、中でもクレンジングにこだわることで肌を良い状態でキープしやすくなります。

なぜなら、クレンジングが行き届いていないと、メイク残りによって肌の老化が進んでしまうからです。

化粧水や美容液にお金をかけても、メイクが残っていては効果を発揮できません。

肌が美容液などの良い成分を吸収できる土台をつくるために、エイジングケアの基礎であるクレンジングにもこだわることが重要です。

毛穴ケアにオススメのメディプラスクレンジングゲルについては、『メディプラスクレンジングゲルの口コミ評判を徹底調査!実際の効果をレビュー』で詳しく紹介しています。

クレンジングアイテムを選ぶ際の参考にしてみてください。

参考記事
メディプラスクレンジングゲルを使ってみた
メディプラスクレンジングゲルの口コミ評判を徹底調査!実際の効果をレビュー

Contents1 メディプラスクレンジングゲルの口コミ評判を徹底調査!実際の効果をレビュー1.1 メディプラスクレンジングゲルの口コミ評判は?1.1.1 メディプラスクレンジングゲルの悪かった口コミ ...

続きを見る

まとめ

20代のエイジングケアにおすすめの基礎化粧品と、20代のエイジングケアの正しいお手入れについて解説してきました。

早い段階で肌の老化を予防できると、後々の肌の悩みを減らすことができます。

肌を甘やかさずに、正しいエイジングケアを行いましょう。

-エイジングケア

Copyright© メディプラスクレンジングゲルabc , 2019 All Rights Reserved.